忍者ブログ
16 July

すきすきびいとるず

本日はビートルズ系セッションです(*^_^*)

近頃ビートルズの影響というのはどこまで強いものかと
考えていました。
このイベントにこられる方も勿論、全てのロッカーが影響
を受けて生きていると思われます。

そんな中でソ連とビートルズの関係についてBSで番組が
組まれていたときの記事を発見、お借りしました。
以下
1960年代、ソ連政府は西側諸国のロックを固く禁じた。ソ連の文化を汚すものとして考えられていたのだ。もちろんビートルズを聴くことは許されず、密輸レコードは次々に没収、廃棄された。しかし、若者たちは様々な方法でビートルズの音楽に触れようとした。使用済みのレントゲン写真に音を刻み込んで作られた海賊版レコードまでもが密かに売られ、若者たちの心をつかんでいった。

やがてソ連全土でビートルズに触発された若者たちが、ロックバンドを結成するようになる。テーブルの板や電話の受話器を利用したギターが作られ、プロパガンダ放送用の拡声機がスピーカーとして使われた。こうしてビートルズの音楽は、社会主義体制下で抑圧されていた若者たちの心を解き放っていく。そして、それはソビエト崩壊の原動力の一つになったとさえ言われている。

てー(^_^.)めちゃめちゃかっこええやないかい!
テーブル板改造のギターに拡声器のスピーカー。。。

それはさておき音楽は世界を変えることが証明されてます。
今夜も小さな世界が変わっていくことでしょう♪

PR